FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

久しぶりに本を読む

2012/09/24 Mon 10:24

春にして君を離れ     アガサ・クリスティ

根っからのミステリ-好きです。
アガサ・クリスティの本もたくさん読んできました。
でもこの本にはポアロもミス・マ-プルも出てきませんし、殺人事件はおこりません。
それなのに この怖さはなんでしょう。




主人公は3人の子供を育て上げた主婦。
夫の仕事がうまくいっていることも、子供達が健やかに成長し思春期にありがちなそれなりの危機を乗り越えてたことも、家事が滞りなく進行していることも全て、自分の配慮と経験からの堅実な助言があったからだと信じて疑いません。



ところが旅の途中、天候のせいで汽車が止まり、何日も何日も地平線に囲まれているだけの砂漠でひとり、自分自身と向き合う時間を過ごすことになり、友達や家族に自分がしたことを次々と思い出すことになってしまいます。





「こうして良かったと思うに決まってるわ。今にかならず・・・」

「君の言うようにしてよかったと思うようになるって、どうしてわかるんだい」


夫が人生の途中で何度もやさしく投げかけた質問の意味を考えもせず、常に上の立場から物や人を見下ろして生きることしかできなかった主人公の人生。
夫や子供のため・・と言いながら選択してきたことは全て、自分の満足のためにされたことでしかありませんでした。




そして読者は砂漠で内省を続ける主人公と共に、自分の人生を振り返らずにはいられなくなります。


私もいろいろなことを思い出しました。

言われたくなかったひとこと、
言ってはならなかったひとこと、
言ってほしかったひとこと
言えなかったひとこと。






ただ・・人はそんなに簡単に変わることはできないようです。

ほんとうは夫や子供達からちっとも、愛されていなかったのだ・・・ということに気付けなかった主人公。
このまま何事もなかったように生きていくのですね。

ラストの夫の言葉(心の中の)が、ザックリと胸を刺します。

この作品はメアリ・ウェストマコットの名前で発表されています。
もっと読んでみたいと思います。





これを書くのに一週間もかかっってしまった私。(>_<)



あのね・・
めいはひゃくさいひゃくさい、ボクはもうすぐ2さい









スポンサーサイト
読書 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
e-465みゃ~~

ニャンコ、っかなぁ??ですよ、ね??

お元気そうですね!!!うれしい
良い写真ー
e-465メイちゃんー長寿ー20年生きているのですか?ーめいくうさんの愛情の賜物ですねーv-205お孫さまの後ろ姿ー何となくi-178俊輔ジュニアに似てるー(頭の形がー)それからv-418耳が福耳ーi-236
ご無沙汰してます
8月からこれまで以上に忙殺の日々となっております(汗)
父が倒れて入院、消化器系の手術してから循環器に転院、24日に心臓手術しました~、
母をショートステイで預かってもらい、ヘルパーさんやケアマネージャーさん達の力を借りながら
走り回ってます。退院してから父の負担を考えると、今後を考えたらこのまま母は入所を申し込む方が
いいのでは?と言われ・・・いや、なんとか自分達で。。。いや父がまた倒れるのでは?
私自身も頑張れるだろうか?もうこれ以上は頑張れないかも~・・・
でも自分が楽な方を選択したいだけなのでは?
ぐるぐるぐる。しかし2つ目の父の手術で決断、申し込みをした。。。
順番待ちなので簡単には入所できないんだけどね。
>こうして良かったと思うに決まってるわ
↑こう思えたらどんなに気が楽かしらね。
割りきれない思いを抱えたまま、ひたすら一日をクリアするのに今はせいいっぱいの雪虫です。

孫ちゃん&メイちゃん、素敵な写真ですね!
私にもカワイイ孫に囲まれる日がきっと来ると信じて頑張るわ~

メイちゃん←(私、若い頃のあだ名、こう呼ばれてました~)笑


pupuさんへ
コメントありがとうございます。^^

長い長い夏休みをいただきまして、すっかりご無沙汰をしてしまいました。
気にかけてのぞいてくださり感謝しています。
ありがとね。

これからも頑張らないよう頑張ります。i-278よろしくっ!
えりえりさんへ
メイは20歳過ぎました。
猫年齢を調べると、書いてあることがいろいろで
まぁ だいたい百歳ぐらいかなぁ・・と。i-229
もう耳も遠いし、ひょこひょこふらふら歩きますが、食欲はありソファ-によじ登る根性があります。i-234

先日の試合、得点した時トイレに行っていためいくうでした。i-240

オオッ!v-418福耳ですって!ありがたい。

コメントありがとうね。^^

雪虫さんへ
ほんとうにほんとうに 大変な夏を過ごされたようですね。
・・そばにいるなら抱きしめて肩をポンポンできるのに・・・。

一人で背負える時期は頑張れた。
これからは助けていただきましょう。

自分が楽をしたいから助けていただくのではありません。
専門の方にお任せする時がきたのです。
そうして、違う方向から向き合えばいいと私は思います。

お父様は二つも大きな手術をされたんですね。まだ安静中でしょうか。

雪虫さんは勝負所ですから、いっぱい食べて体力をつけてください。お願いですよ!

若い時、メイちゃんだった可愛い人へi-176


ありがと♪
>専門の方にお任せする時がきたのです。
うん、そうね、そうだね、うん、うん、ありがと(涙)
いっぱい食べると体力じゃないもんが付いてしまうんだが・・・ま、いいか(笑)

あったかい言葉に抱きしめられて今日はぐっすり眠れそうです。 感謝&LOVE
雪虫さんへ
きょうも一日お疲れ様でした。^^
これからも大変でしょうが、一つ一つ山を越えるしかないですよね。

息抜き・・してくださいよ。v-218
もそもそもそ。。。
(遅れてコソッと出て来る音)

アガサ・クリスティの推理小説は、少女時代の愛読書でした。
ポワロの友人、ヘイスティングズ大尉が好きでありました。。。懐かしいな〜。

でも、あのアガサ・クリスティがそんな小説を書いてたことは初耳です。

人生には、たくさんの忘れられない「ひとこと」を残して来てるんですよね。
思い出すのはたいてい、後悔や反省とセットになってます(汗)
でもきっと、みんなそうなんですよね。ね?

あ〜こういう時、ネコ達はなんて堂々として見えるんでしょ〜。
メイちゃん、落ち着き払ったお背中です。

めいくうさん、時々でいいんで、こうしてお声を聞かせてね♪
水鳥さんへ
こんにちは。ご無沙汰しています。^^

>少女時代の愛読書

でしたよね。水鳥さんも。^^
でね、久しぶりに読み返すと・・・自分がすっかりTVのCSIものに感化されてしまっていることにビックリします。

だめ!そこ歩き回ったらせっかくの犯人の手掛かりがi-240とか
そんな状況証拠だけでは有罪にするのは無理無理・・・とか

100年前の犯罪推理に突っ込みを入れまくっています。
あのコロンボ警部補にさえ自白より証拠を!とダメ出しする始末。i-240

あかんあかん・・名探偵の推理にお手上げだったあの頃の私に戻りたい。

メアリ・ウェストマコットの名前で発表された作品もお薦めですよ。ぜひv-218

コメントありがとうございました。^^




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。