スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

英検体験記

2011/07/21 Thu 12:27

英検3級を受験しようと決めたのは今年のお正月でした。
なかったことにできないように、まず決意表明!
というか今思うと、合格した場合 とってもとっても褒めてくれそうな順番に打ち明けてた。
自分にとって都合の良い甘い宣言だったような気も(>_<)


でも試験の二日前に、偶然家に立ち寄った二男には話さなかった。
なんというか・・もし不合格だった時、この子に慰めさせるのは忍びない・・と言う気が・・・

いや、ちょっと待てよ。
そういえば去年書道展で初めて賞をいただいた時も、この息子にだけは連絡しなかったなぁ。
一番近くに住んでいるのに。

他の人には「頑張っているよぅ」というところを見せたいのに、この息子にはそういうところを見せたくない。
不思議な感情だけれど、なんかいい感じのポジションで私にブレ-キをかけてくれているような気もする。


だってほら、私って見栄っ張りで人に良くみられようとして無理しちゃうからね。

と、私はこの息子の「ほわほわ感」を、そう解釈しているのだが、
私は知っているのだ。合格しても「ほう~」、不合格でも「ほう~」という答えしか返ってこないことを(>_<)



一次試験は6月12日。

私は大学に行っていないので、大きな教室での受験はそれだけでドキドキしましたが
若い子たちに交じってのテストは、正直楽しかったです。
オ-クションで安く買った過去問をたくさん解いていたので、あまり難しく感じなかったのですが
考えるスピ-ドが遅いのか、答えを書き終わったのと同時にタイムアップで、最後のほうは焦ってしまいました。

ヒヤリングも普段聞いているものよりゆっくりに感じたので、知らない単語が出てきた時以外は落ち着いてできたと思います。

ただマ-クシ-トのテストに不慣れなため受験番号などの書き方がおかしかったのか、答案回収後、前に呼び出されちゃいましたけど。
その中には私のような「中高年」さんが多かったです。
試験開始前に何度もトイレに行くのも、私達「中高年組」でした。
試験は午後からだったのですが、平気なようで実はかなり緊張していたのかパンがひとかけらも喉を通らなくて昼食をとることを諦めました。

10年前に書道の師範試験を受けた時以来の「試験」ですから、脳と心が芯まで疲れてしまいました。



結果は65点満点で61点で、予想以上の得点がとれて合格でした。
合格通知の嬉しいことといったら、たまりません。




二次試験 7月10日

二次試験は面接で、英語でのコミニケ-ション力が試されます。
これもオ-クションで買った想定問題集で、いろいろな質問を予想しながら答える面接シュミレ-ション練習をして準備しました。
あがらなければ大丈夫!
と思って臨んだのに、やっぱりあがってしまい

「First,Please read the passage silently for 20 seconds.」

と言われ「All right.」と答えたのに、大きな声で読み始めてしまったのですから(>_<)
試験官が驚いて私を止め、ストップウオッチを押しなおしてくださいました。
そのほかにも何か所か気になるところもあったのですが、なんとか合格させていただきました。
33点満点で31点でした。

それだけあがっていたのにえらそうに言うのもなんですが、試験管の話すスピ-ドはゆっくりです。
練習したCDでは会話のスピ-ドはもっと早く、聞き取れない場所もたくさんあったので、
何度も聴きなおしてtoやforも感じられるよう何度も聴いていました。
それがよかったのかな、と思います。


次の準二級からはかなり難しくなるそうですが、年単位の目標として英語の勉強を続けていこうかなと思います。


ほんとうなら体験記はココで終わるはずだったのですが、二次試験終了して3日後に心臓発作のようなものを初めて体験しました。
ほんの10秒もなかったと思うのですが、心臓がギュウッと痛くなり背中も痛くなりました。
ここで死ねるかと思ったので、翌日すぐ病院に行きました。

今も検査をしていますが、これといって悪い結果は今のところでていません。
「何かストレスは感じるようなことはありませんか」

と先生に聞かれたのですが

「何も大きな心配事はないし、最近ドキドキしたのは英検受験の時ぐらいだしなぁ~」

と、つぶやいたら夫が「それや! それに違いない!!」

というのです。
そういわれたら、相当無理をしちゃったのかな~と思わないでもないです。

ストレスかぁ。






スポンサーサイト
あんなことこんなこと | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
合格おめでとうございま~す
前向きに挑戦なさる めいくうさんのパワーにv-425そしてv-308わ~い!! すごいです。 私なんて英検2級 1回落ちて(3級は持ってます。)2度と受けようと思いませんもん。 やってみたい気は あっても、今からもう1度勉強しなおして…って大変な努力と気力が必要で、日々の雑事に託けてその気持ちを押しやってます。 私も何かチャレンジしてみようかナ~って 勇気がわきました。v-352 お体 ご自愛くださいナv-300



  



おめでとうございますー
v-300やっぱりーめいくうさんってi-184スゴイですーマリノスi-260なでしこi-267第4子誕生i-178めいくうさんの向上心報告i-281メデタイことがトントンときてる感じですーi-234
こんぐらちゅれーしょん
たまには心臓に負担かけたほうが、いいです。(ぶっ倒れない程度に)慣れとかないといけませんです。i-231
って、高得点合格なさったから言えまする、ねi-230

合格ってうれしいですよね。
自分のしてきたことが、公に認められるんですものi-176
語学検定って、案外中高年女子多いでしょう???
ワタシ独検中高年で受けなおしました…(デモ2級には、触ってもいませんけど…i-183あ~自慢になんないやi-179

お元気なお声が、このところ聞こえてうれしいです。おもわずお邪魔しました。e-253


ペペさんへ
ありがとうございます。
私の学生時代は「英検」という言葉を聞いたことがなかったので、ちょっと受けてみたくなったのです。
でもまあ、はしかもおたふく風邪も英検も早めに済ませておくほうが軽い!と実感いたしました。i-278

2級があまりにも難しいので、準2級のグレ-ドができたって聞きました。
とにかく私には、若い学生さんたちと同じ教室で受験できたことが大きいです。
その気になれば、そこに行けるんだなぁ・・て。


えりえりさんへ
いつも ありがとうございます。

いえいえ まだ何もスゴくありません。
もしや準2級に合格したら、思いっきり褒めてやってくださいね。i-236
pupuさんへ
ありがとうございます。

>たまには心臓に負担かけたほうが、いいです

私もそう思います。
最近ちょっと安静に暮らしすぎたと思います。
刺激が必要です。

>独検

そういうのもあるんですか~。
pupuさんは、実はかなり何かとデキル方だと思っておりましたが、その覆面をはがしてくださる日はくるのでしょうか。v-17

ボチボチやりますんで、またよろしくお願いいたします。v-523

継続は力なり
英検3級合格おめでとうございます。
いや~素晴らしいですね。何が素晴らしいって、合格したことはもちろんのこと、一度始めたことを投げ出さずに続けてらっしゃることが本当に素晴らしいです。「続ける」って結構難しいことですよ。大人になるといろんな雑事が増えますし、別に止めてしまっても誰からも非難されないのに自分を奮い立たせるのは至難の業です。
努力と苦労が大きかったときほど合格通知を受け取ったときの喜びは格別です。一度その喜びを知ってしまうと「なんでこんな苦しい思いをしないといけないんだ~!ぐわ~!」という苦痛さえ後にやってくる歓喜のための前菜なんだと捉えられるようになり、そういう立派なマゾ体質になると心臓もストレスに慣れてくると思いますよ?
継続は力なり。とにかく続けてさえいれば少しずつレベルは上がっていきますから頑張ってください。合格不合格ではなく点数でランクが決まるTOEICも一度受験されると案外めいくうさん、はまるかもしれません。(^^)
私もそのうちイタリア語検定受けようと思います。
リ-メイさんへ
ありがたいお言葉をいただき、ほんとうに嬉しいです。

まさに言っていただいた通り、英語の勉強を途絶えさせないために受験を決めたのでした。
訳あって英会話の教室をお休みすることになり、このままでは何もしなくなる自分がハッキリ見えていたので(>_<)無理やり立てた目標でした。

>>別に止めてしまっても誰からも非難されないのに

そうなんです。リ-メイさん。何度も誘惑に負けそうになりました。
今やめても 何も変わらない。誰も困らない・・と。


私は将来、京都の街で困っている外国の方を助けてあげられるおばあちゃんになりたいのです。
そのためにまだ英語の勉強を続けようと思います。

>とにかく続けてさえいれば少しずつレベルは上がっていきますから頑張ってください

はい。
リ-メイさんのお言葉ですから信じます。
何でもいいんで、一つ先の目標を決めて頑張ります。

リ-メイさんも頑張ってください。ってえらそうにスミマセン。i-229
ありがとうございました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。