FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

しみじみさんへ

2011/06/21 Tue 09:29

久しぶりに管理画面をのぞいたら、しみじみさんにコメントをいただいていました。
ありがとうございます。心に沁みるお手紙でした。

何度も読み返しているうちに、これだけは、
しみじみさんにお伝えしておきたいと思いましたので書かせていただきます。


私はまだ、2010年の傷を癒すことができないでいます。
前を向けないんです。


突然 橋が崩れました。
この橋は隣のステ-ジに行くための普通の橋で、「栄光への架け橋」になることを望んでいたわけではありません。

橋が崩れても、たくさんの人たちが泳いで、あるいは船で
なんとか向こう岸にたどり着きました。それぞれ大変苦しい想いをして渡り切ったと思います。本人も・・・。

それなのに私は、一年たった今でさえ一歩も前に進めません。

 

何が苦しいかというと、こんなことを言ってはいけない、書いてはいけない・・と自分を閉じ込めることです。
だからブログの文章が書けなくなってしまいました。
頑張っている人に申し訳ないです。




しみじみさんのやさしいお手紙のせいで、つい本音を書いてしまいました。
「節分まで・・」と、あの時はほんとうに信じていました。
その言葉に本気で付き合ってくださったのは「しみじみさん」でしたね。^^

読んでいただけるかどうかわかりませんが、感謝の気持ちを込めて・・・。
ありがとう。しみじみさん。




スポンサーサイト
俊輔 | コメント(1)
コメント
しみじみさんへ
再びありがとうございます。

救われました。
他の人と一緒に前を向けなかった罪悪感のようなものを隠す必要はないのだ、と
向き合えばいいのだと・・そう思えるようになりつつあります。

>セルティックに応援に行かれためいくうさんと一緒に 自分もスコットランドに飛んで行ったような そんな幸せな時間を過ごした場所でした。

この言葉があまりにも嬉しかったので、これだけでも表に出させていただくことをお許しください。
ほんとうはコメント全て、私だけが読むのはもったいないと思っています。

ありがとうございました。v-22

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。